交通事故の原因と防止

ちょっとした不注意がきっかけとなって、交通事故は発生します。
およそ二時間に一人の割合で事故死が発生しているのだと、全日本交通安全協会は公表しています。
さらに近年では、高齢者のドライバーによる事故が増加傾向にあり、問題となっています。
交通事故における死者数はここ13年連続して減少傾向にありますが、リアルタイムで勃発していることには変わりなく、日常に蔓延る死の脅威として存在しているのです。
よほどのことがない限り事故なんて起こらない、私は大丈夫だろう、と油断していると、それが命取りに、果てには誰かの命を奪ってしまう事に繋がるかもしれません。

警視庁の統計によると、事故の圧倒的な原因は「安全不確認」によるものだそうです。
交差点での右左折や、通学路などの徐行エリア、見通しの悪い駐車場などで、運転していてヒヤリとしたり、ハッとした、といったケースは非常に多く見られます。
そうしたヒヤリ、ハッとした、といった事例は、文字通り「ヒヤリ・ハット」と呼ばれており、事故防止の為の理論となっているのです。

1件の重大事故の裏には、29件の軽微な事故、そして300件のヒヤリ・ハットが存在するといいます。
ひとつの死亡事故を防ぐには、その陰に隠れている膨大なヒヤリ・ハットを検討し、それを未然に防ぐ心得を身につけることが重要なのです。
この記事では、交通事故の事例、およびヒヤリ・ハットを紹介し、予防法を講じます。
少しの知識と心構えが、あなたの人生を守る盾となるのです。



◎PICK UP
交通事故の示談相談を無料で実施している法律事務所のサイトです …… 交通事故 示談相談